PM2.5 対策 子供

PM2.5対策 | 子供に対してはどんなことをすれば?

PM2.5が子供に与える影響のことを考えるととても不安になってしまうと思います。

 

特にまだ10歳にもならない子供が学校や遊びにいっている間にPM2.5を吸い込んでしまっているかも知れないと考えるとさらに不安になってしまうと思います。

 

そしてPM2.5の対策として子供にどのような事をさせればいいのか?という事が考えることになる訳ですが、まず第一はPM2.5の濃度が暫定として定められている1日平均70マイクログラム超えてしまっている場合はできるだけ家の外で長時間滞在するのを避けることが大切になってきます。

 

当たり前のことのように思えることですが、これがすごく重要な対策です。

 

また、PM2.5が暫定として暫定として定められている1日平均70マイクログラムを超えていない時でも、外から帰ってきたときには「手を洗う、うがいをする」といった事を徹底するようにしましょう。

PM2.5の対策 | 子供に対する影響は大きい

PM2.5の対策として子供には大人以上にしっかりと注意を払ってもらいたいと思っています。

 

というのも、PM2.5が最も人の体のなかに入っていくパターンとしては当然呼吸をすることによって侵入してくることになりますが、呼吸によって吸い込んでしまったPM2.5は肺に到達する可能性もあります。

 

大人と子供では1分間に呼吸する空気の量としては、変わらないのですが、肺は大人に比べて小さいため、大人に比べて肺に到達してしまった時の影響は受けやすくなってしまうからです。

 

これを防止するための対策としては、屋外においてはマスクをする(高機能なマスク)、屋内においては空気清浄器を設置する、などの対策が必要となってきます。

スポンサードリンク

関連ページ

大気汚染
大気汚染としてのPM2.5対策にはどんな事をすれば・・・
洗濯
洗濯物っていったいどうすればいいでしょうか?PM2.5対策をする時には・・・
会社
PM2.5対策を会社のなかでするとなると・・・・