大気汚染 PM2.5 対策

大気汚染PM2.5の対策をしよう!

大気汚染は以前は日本にもありましたが、今また中国から飛来してくるPM2.5による大気汚染が始まっています。
健康に対する影響が危惧されるなかできるだけの対策はすることにこしたことはありません。

 

このPM2.5に対する対策としてはするべきことといえば、まずは予報などの情報をチェックして、今日明日のPM2.5の濃度がどれぐらいになるのかをあらかじめ知ることが重要です。

 

そしてそのうえで可能な限りPM2.5にさらされない状況を作りだす事が対策として必要になってきます。

 

この大気汚染としてのPM2.5は特に高齢者や幼児などのような体力が成人の大人に比べて低いような人達に対策はしっかりと行っていってほしいものです。

 

大気汚染としてのこのPM2.5は体内に一度入ってしまうと場所によっては排出する事ができない場合もあるので十分な対策をしておくことがなによりです。

大気汚染PM2.5の対策として具体的には・・・

大気汚染としてのPM2.5の対策としては実際には何をしていけばいいのでしょうか?

 

まず第一にPM2.5にされされる機会を少なくすることはいうまでもないですが、次にしなければいけない事はできるだけ体内へ侵入しないようにすることが必要ですね。

 

まずすべきことは外出中にはPM2.5が口腔に不着している可能性が高いため自宅の戻ったらうがいをするようにします。

 

地味な対策ですが、非常に重要。

 

マスクをしていたとしてもPM2.5はとても小さい粒子なので、それを通りぬけてしまっても何も不思議ではありません。(もちろんマスクをしていないよりもした方がいいです。)

 

そして、皮膚に不着しているPM2.5は洗い流すことが一番です。

 

洗い流すときは桶などに溜めた水を使うのではなくて、流水で洗い流すようにすることが効果的です。

 

また、大気汚染としてのPM2.5が目に不着してしまったときも水で洗い流すのがベストです。
ただし、この頃よくある目の洗浄液を使う時には注意が必要です。

 

目の洗浄液は頻繁に使いすぎると目の粘膜までも洗い流してしまうことになり、目が乾燥して涙による目の保護効果を弱めてしまうケースがでてきてしまいます。

 

あとは自宅のなかでは空気清浄器を設置することがベストです。

スポンサードリンク

関連ページ

子供
PM2.5の対策として、子供にはどんなことをさせればいいと思いますか?
洗濯
洗濯物っていったいどうすればいいでしょうか?PM2.5対策をする時には・・・
会社
PM2.5対策を会社のなかでするとなると・・・・