PM2.5 症状 肌

PM2.5の症状の一つとして肌が荒れることは・・・

PM2.5の症状の一つとして肌荒れる事は考えられるのでしょうか?

 

人の皮膚には汗がでる汗腺や毛穴(皮脂腺)があります。

 

本来はこれらの皮膚にある穴というのは、汗、脂を体の内側から外側へと出すためのものですが、もし皮膚に微粒子であるPM2.5が不着した場合、この穴をふさいでしまい、それによって本来内側から外側へと出す機能が損なわれることは有り得ると考えられています。

 

子供の頃はアトピー肌だった人が大人になってからはアトピー肌が改善したという話はよくある話ですが、これはまだ幼い子供の頃は皮膚から皮脂をうまく分泌できていなかった肌が大人になってからうまく分泌できるようになった事が理由とされています。

 

PM2.5の症状との関連で考えれば、もし、PM2.5が皮脂腺に詰まってしまい、本来分泌されるはずの皮脂がでてこない状態になってしまえば、この改善は見られなくなってしまうことになります。

 

肌荒れには栄養分や生活習慣など、様々な原因が考えられますが、こうした皮膚表面のトラブルが原因となる肌荒れとしてはPM2.5が原因となって症状として起こることは考えられることでしょう。

PM2.5の症状と肌荒れと中国の北京

中国の北京ではPM2.5の症状として肌荒れが起きてしまうケースがあるとされる時があります。

 

理由としては上記と同じ理屈で考えられていると思われますが、中国の北京の場合は少し事情が複雑になっています。

 

というのも、中国の北京ではたしかにPM2.5の濃度も高い状態にありますが、北京というところは非常に空気が乾燥していることでも良く知られています。

 

つまり、肌荒れが起きやすい状況と言い換えることができます。

 

原理としては有り得ることでも、それ一つが原因だという事は特定することは出来ないのかもしれないですね。

スポンサードリンク

関連ページ

PM2.5の症状は目にでてくるものがもしかしたら最も よくある症状かも知れないですね。
PM2.5の症状としては喉に入ってきた場合はどのようなものが・・・
PM2.5の症状としては熱がでることってあると思いますか?
頭痛
PM2.5によって頭痛の症状がでることもあるのか?