PM2.5 症状 喉

PM2.5の症状と喉を通ってきた時

PM2.5の症状が現れる部分としては喉がありますが、喉に入ってきたPM2.5が呼吸器系の器官に侵入してしまうことは健康上のリスクは大きくなります。

 

最初は喉のイガイガを感じたりすることによってPM2.5は侵入してくることを感じることになりますが、それが実際に喉を通りこして内部へと入ってくることは呼吸器系の疾患にかかってしまう程の危険性があるといってもいいでしょう。

 

呼吸器系の器官として最もPM2.5影響を受けるとされているものの一つとしては肺になになります。

 

また、喉から入ってきたPM2.5はその小ささゆえに肺のなかまでも侵入してしまう事は十分にあり得ることです。

 

肺に一度はいってしまうとそこには出口がないために非常に危険な状態になりえることが分かっています。

 

腸などであれば、排泄という形で喉から侵入してきたとしても最終的には対外へと出すことができますが、肺はそうはいかないという事です。

PM2.5の症状と喉から肺に入ってしまった場合

PM2.5が喉を通過して肺にまで到達してしまった時のリスクとしては、肺胞への影響が考えられます。

 

肺胞というのは、球形の形をした器官で、一つの大きさが100〜200μmで、肺全体に占める割合としては85%にもなります。

 

PM2.5がこの肺胞に不着するとその表面についている水分を吸い上げることによって、この機能に障害を引き起こしてしまうことにつながります。

 

ここでいう肺胞の機能としては、呼吸することによって空気を吸い込み、そしてそこから酸素を取り込む。そして、代わりに血液に溶け込んでいる二酸化炭素を排出するという機能です。

 

もっと簡潔にいえば、肺胞が肺全体としての働きをしているといってもいいでしょう。

 

喉から入ってくるPM2.5は非常に小さいためにこのような人の重要な器官に入り込むことは十分にあり得ることです。

スポンサードリンク

関連ページ

PM2.5の症状は目にでてくるものがもしかしたら最も よくある症状かも知れないですね。
PM2.5の症状としては熱がでることってあると思いますか?
頭痛
PM2.5によって頭痛の症状がでることもあるのか?
PM2.5が原因肌荒れの症状は出ると思いますか?